CPUの最近のブログ記事

今回も 仕事用ノートPC 改造 のおはなし.

前回、Core2Duo T7300 から Core2Extreme X7800ES へCPU交換に成功.

CPU-Z で 稼働状態を確認しました.

今度は各種ベンチマークで能力の向上具合を確認し、2.0Ghzから2.6Ghz へクロックアップした事による発熱状態の確認をしたいと思います.

単純にどっちも65nmプロセスCPUなのでクロック向上分だけ発熱も向上すると思います.

それで、VAIO typeBX が 耐えきれるのか?というとこが気になっています.

とりあえず、ベンチマークはSuperPImodで104万桁の計算、CrystalMark2004R3で総合ベンチマークを取ります.
温度はCoreTempでCPU温度を計測する事とします.

それでは・・・・交換前の結果と比べていきます.


CPU交換の要.高性能シルバーグリス.


今回も 仕事用 ノートPC改造ネタです.

今回は ついに CPU交換に挑戦です.

デスクトップPCのCPUはさわりなれていますが、ノートPCのCPUは初めてです.

VAIO typeBX VGN-BX4AAPSA は CPUに Core2Duo T7300 を搭載しているので、

実用的で不自由してないんですが、無性に弄りたくなってしまって・・・つい・・・

交換するCPUはCore2Duo最初のノート用Extremeとなった・・・

Core2ExtremeX7800です.

クロック2.6Ghz、キャッシュ4MB、FSB800MhzのX7800です.

本当は45nmプロセスPenryn T9300 が欲しかったんですが、予算的に無理でした.

T9300なら、

  • 45nmプロセス製造Penrynで省電力かつ、発熱が小さい.
  • 2次キャッシュが6MBに増えているので、いろんな処理が高速.
  • 拡張命令にSSE4を新しく搭載、エンコード処理が高速.
・・・デスクトップPCでE4200からE8400へ、65nmから45nmへ進化したときの衝撃が忘れられず、

できればT9300が欲しかったんですが・・・

今回はX7800・新品ESモノをオークションで17,800円で購入しました.

実際、コイツ手に入れるとなると・・・オークションしか手段がないみたいです.


・・・で物はコチラ

VAIO 042.jpg

デスクトップのCPUと比べて、一回り小さくて薄いです.

コアが丸見えなので・・・コア欠けに注意が必要ですね.

それでは、VAIOを分解します.





コイツもお勧めT9300.税込み・送料無料で35,529円!

【送料無料】BX80576T9300 Core2Duo T9300 2.50GHz 6M FSB800 uFCPGA8intel BX80576T9300 (Pen...

qrcodeT9300.gif

Intel DP35DP で オーバークロックのお話.

Intel DP35DP とは P35チップセットにICH9Rのごく普通のマザーボード.
intel純正にしてICH9R搭載ということ、あわせて発売当初から比較的低価格だったことからそこそこ人気があったマザーです.

田舎のパーツ屋の主人いわく

"intelの営業から、程なくintel純正オーバークロックツールが登場するということを聞いてます."

なんて話を聞いたもんだから、発売一日前にフライング購入したんですが、
それから良く久しい月日が流れ・・・一向にその気配がない.

そこでオーバークロックはあきらめていたんですが、最近になって1066modなるものがあることを知りました.

1066modとは、FSB800Mhz(200Mhz×4)のCPUを強引にFSB1066Mhz(266Mhz×4)であるかのごとく、マザーをだます必殺技です.
理屈は簡単.

CPUのBSELというFSBクロック情報をつかさどる場所を強引に短絡させてマザーをだますのです.
そして強引に短絡させる方法というのが、アルミテープを細かく切って貼り、CPU外部で短絡させます.

詳細はコチラ

使用する材料はこちら.
1066mod-01.jpg

100円均一で買える 流し台テープ(アルミ+粘着テープ).

加工されるCPUはこちら.
E4400-01.jpg

E8400を購入したため、現役引退を余儀なくされたE4400
オーバークロック耐性はそこそこのもの.
FSB350Mhz×10.0倍 = 3.5Ghz 程度は楽勝.
今回CPUクーラーは純正を使うため FSB266Mhz×10.0倍 = 2.66Ghz 常用を目指す.

いきなりですが、加工後のCPU裏.
E4400-02.jpg


BSEL に 流し台テープ をコの字型に加工し貼り付け.
このままマザーにCPUを取り付ける.
その際にマザー側からピンが刺さる.
起動時の電気信号?が流し台テープを動通し、マザーがFSB200MhzのE4400をFSB266MhzのCPUと誤認する.
メモリの設定やら細かいことができないマザーでも、800MhzのCPUが1066Mhzの状態にオーバークロックされる.

我が intel DP35DP + E4400(1066mod) の結果はこちら.
1066mod-02.jpg

起動時 BIOSではE4400 FSB800Mhz と表示されていたため失敗かと思いました.
しかし、CoreTemp CPU-Z で確認すると 266Mhz×10.0=2.66Ghzと表示されます.
SuperPIを実行してみますと、ノーマルよりも8秒程度時間短縮していたので成功しています.
それにしても intel純正のユーティリティでは相変わらず 800Mhz と表示.
実際には計測せずにBIOSのほうから情報を持ってきているんだと思いました.
そのBIOSもCPUコードを読んで標準の設定を表示させているのでしょう.
たぶん.

とにかく この方法を使えば BIOSに設定がないマザーでもとりあえずオーバークロック出来そうです.

100円でオーバークロックできて楽しかった.

*** 楽天お買い物コーナー ***

高級アルミ流し台テープ : 283円



DP35DPマザー : 10,800円(送料無料)
デビルメイクライ4とメモリレイテンシの関係について.

最近 デビルメイクライ4のベンチマーク、WUXGA(1920×1200)の解像度で

Sランク を目指しているのですが、なかなか達成できません.

そりゃお金をかければ いろんなことができるのでしょうが、僕は自慢じゃないですが庶民です.

庶民には Geforce280 やら Geforce9800GTX+ などは 買えないのです.

どうにか揃えた E8400 と Geforce9600GT で Sランクを達成したいとがんばっているのです.

9600GT を コア 777Mhz メモリ 1100Mhz に オーバークロックさせても無理.

E8400 を E8500 並みに オーバークロックさせても無理.

(チョイ前までは 4Gオーバー でしたが、子供が触って OS破壊されたので最近は定格運用してます)

そこで、再度オーバークロック FSB-400Mhz×9.0倍=3.6Ghz 挑戦.

そしてその結果が、

DMC4-03.jpg


ランクB・・・・スコアが定格より思いっきり悪い.

シーン1・2・3・4 すべてで fpsが落ち込んでいる.

・・・ナゼ?

よく考えてみた・・・・・メモリのレイテンシを 3-3-3-8 から 4-4-4-12 へ 緩くして FSB を上げた.

メモリのレイテンシを緩めただけで・・・エライ差になっているみたい.

CPUは+600Mhzオーバークロック成功しているのに、

シーン1 73.50-52.90 = 20.60 のスコアダウン
シーン2 51.93-41.90 = 10.03 のスコアダウン
シーン3 84.01-70.06 = 13.95 のスコアダウン
シーン4 51.58-29.84 = 21.74 のスコアダウン

う~ん ゲームって CPUのクロックよりもメモリのレイテンシが低いほうが断然有利みたいです.

今回初めて知りました.

ほんとビックリして すぐに メモリのレイテンシ 3-3-3-8 に変更.

その上で FSB 350Mhz×9.0倍 = 3.15Ghzメモリ1:1 350×2倍 = 700Mhz に調整.

無事に WUXGA ランクA に戻りました.


*** 楽天お買い物コーナー ***

ローレイテンシメモリー 1GB×2 CL4-4-4 : 10,180円(税込み・送料別)

メモリ電圧1.8VでCL4-4-4設定できます.
今年も夏日がやってきます.

そんなこんなでパソコンあそび.

E8400 の core1 と core2 の温度差が激しいのです.

無負荷時で4℃、負荷時で5℃くらい違います.

これくらい違うと、core1 56℃なら core2 60℃ってな具合に桁違い表示されることも しばしば・・・

原因はCPUクーラーの取り付け方がまずいってこと.

そこで、ainex LGA用バックプレート リテールクーラー用 BS-775.

     株式会社 サイズ メタルフリー 高性能シリコングリス MX-2.

この二つを購入.

gris01.jpg


早速PCを開き、P5B-Deluxe と ANDY SAMURAI MASTER を見てみると、

チップセットクーラーとANDYのヒートパイプが干渉しています.

こりゃ、MX-2&BS-775以前の問題.

そこで、ANDYをP5B-Deluxeからおろし、改造です.

"ヒートパイプはヘアドライヤーで加熱して力を加えると曲がる."ということを確認し早速実行.

最初は半信半疑でしたが、がんばること10分、楽に曲がっちゃいました.

コツは曲がると信じてがんばること.

その後、嫁の除光液でCPUやらANDYやらを清掃し、MX-2 + BS-775 装着.

gris02.jpg


無事にANDYヒートパイプ上向きの最適取り付け完了.

さて、効果のほどですが・・・・

core1 と core2 の温度差がプラマイ1℃になりました.

しかし冷え具合は以前とあまり変わりません.若干1℃くらい低くなった気ははします.

まあ、ばらつきがなくなったということで、良しとしましょう.


使用フリーソフト

 システム確認:CPU-Z
 CPU温度確認:CoreTemp
 クロックアップ:SetFSB
 ベンチマーク:SuperPImod
GA-965P-S3 と Xeon3110 のその後.

どうにか 4Ghz オーバークロック 安定することができました.

furucap01.jpg

GIGABITE の マザー専用アプリ EASYTUNE5 を使いました.

OSの起動までは,Vコア1.25V FSB 333*9=3.0Ghz で,

OS起動後にEASYTUNE5がスタートアップから自動的に Vコア1.45V FSB 450*9=4.05Ghzへ.

これで,TV番組録画からエンコード,そしてDVD焼きまでをスムースに行うことができます.

メモリのほうは,なかなか設定をつめることが難しく,結局 5-5-5-15的な設定で落ち着きました.

できれば,4-4-4-12的な設定でメモリアクセススピードも短縮したかったのですが,

今回のHYPERXのほうは,やはり価格に見合った製品みたいです.

お勧めできない,見た目だけかっこいいメモリ・・・ってことですね.

とにかく,どうにかオーナーさんに納得してもらえる結果になりました.


使用フリーソフト

 システム確認:CPU-Z
 CPU温度確認:CoreTemp
 クロックアップ:EasyTUNE
 ベンチマーク:SuperPImod
いやはや こんな結果になるとは・・まだ途中経過ですが.

廻らんですね.ぜんぜん廻らん.

FSB 388Mhz の 3.5Ghz で Win起動もできない

Vコア-モリモリ メモリ電圧-モリモリでも 起動しない.

更にメモリの設定緩めてもダメ・・・そんなの関係ねぇ!って感じではじかれる.

このままでは E6600(3.5Ghzまでオーバークロック常用) との 換装のため,

オーナーさんに説明がつかないヨ.

まぁ,考えられることは GIGABITE GA-965P-S3 の マザーです.

GIGA01.jpg

GIGA02.jpg

それと,メモリ・・・Kingston KHX9200D2K2/2G 他所で評判があんまりよくない.

マザーが死んだとかいう報告が・・・コワイコワイ.

mem01.jpg

いや~ いくらなんでも これじゃ まずいよ.

ということで,もう少しがんばります.



以来品の内容.

| コメント(0) | トラックバック(0)
自分のE8400を買うときに一緒に注文してあったPCパーツですが,内容はこんなもん

furushou01.jpg


intel Xeon 3110 と Kingston HYPERX KHX9200D2K2/2G です.

Xeonのほうは,当初E8400の代替品として注目を浴びましたが,

最近になってE8400の品不足が解消,各ショップに在庫が余る事態になり・・結果 大安売り.

そこを上手にゲットしました.

P965チップセットでXeon3110を廻すということでメモリも新調.

HYPERXシリーズで有名なKingston社製のPC9200 (DDR 2-1150) CL5 メモリー KHX9200D2K2/2G.

品物はそろったんですが,こいつをGIGABITE GA-965P-S3 で廻さないといけないのが少し気がかりです.
(旧式のエントリーモデルだから)

まあとにかく,がんばってみますか.

目標は 自分のE8400と同じ設定 FSB450Mhz の 4.05Ghz です.
E8400 オーバークロックです.

ただいま5月下旬,もっぱら九州は夏日が続いています.

こんな状況でのオーバークロック空冷限界チェックです.

CPU Vコア 1.500v掛け.PI104万桁完走の確認です.

PCcap03.jpg


FSB 500Mhz で 4.5Ghz

PI104万桁 10.484s

コア温度はらく~に70度を超えます.

これが限界みたいです.

水冷やら何やらで冷やしてあげればもっと活きそうなのですが・・・

普通は空冷でしょ.

メモリの設定は常用時と変更なし.



使用フリーソフト

 システム確認:CPU-Z
 CPU温度確認:CoreTemp
 クロックアップ:SetFSB
 ベンチマーク:SuperPImod
最近のパソコンあそび.

core2duo E8400 ですが,早速オーバークロックしてみました.

常用ラインですが,やはり他所で報告されているとおり,発売当初も今現在もこんなもんです.

PCcap01.jpg


Vコア 1.400V  4.05Ghz ざっとこんなもんです.

環境はといいますと,

マザー  P5B-Delux
CPU   E8400(Q808A420)
クーラー ANDY SAMURAI MASTER
メモリ   G.skill F2-6400PHU1-1GBHZ 1GB*2枚(DUAL)
VGA   MSI 7900GT
電源   剛力 550W

です.

ポイントはなるべく速いパイタイムがほしかったのでメモリの設定をつめているとこですかね.

PCcap02.jpg

まあ勉強不足なりに・・・がんばってます.

CPU温度は通常51度くらい,PI時で61度とちょいアツ.

ちなみに こいつは coreTEMP で VID 1.1000v となってます.

それにしても,手軽にオーバークロックできてこの性能は本当にスゴイ!の一言です.

ここ最近,INTELはローエンドからハイエンドまでAMDを圧倒的に抑えてしまいましたね.

個人的にはAMDも大好きなので,このままCPU市場から撤退!なんてことにはなってもらいたくないですね.


それにしても素晴らしい.core2duo E8400.


使用フリーソフト

 システム確認:CPU-Z
 CPU温度確認:CoreTemp
 クロックアップ:SetFSB
 ベンチマーク:SuperPImod
  

楽天市場 売れ線情報!

     
  

coneco 売れ線情報!

     
  

Google 注目情報!

     
   
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.13-ja
  

Counter