メモリーの最近のブログ記事

今回は仕事用ノートPCの改造です.
改造といっても・・・標準4GB×2=8GBから、8GB×2=16GBへ容量アップです.
今回は地元のパソコン工房で衝動的に購入に至ったため・・・選択の余地なしです.
SiliconPower SP016GBSTU133N22 (DDR3 SO-DIMM CL9) で決定.

↓ これです.
16G-01.JPG


ブリスターパッケージに入った・・ヒートシンクなしのいたって普通のメモリ.
早速、VAIO TYPE-F 3D のおなかを開きます.
・・・と、バッテリーは外して作業開始!
メーカー標準のメモリーが見えます・・・・
16G-02.JPG




16G-03.JPG

hynix H5TQ2G83BFR のチップ・・・DDR3-1333 9-9-9
まず、静電気対策で両手をドアノブなどを握り放電.
そのあと、メモリを固定解除し引き抜きます.
そして方向を間違えないよう新しいメモリーを刺して・・・・
少し押し下げる感じで・・・パチン!と固定.
↓ こんな感じ
16G-04.JPG


ふたを閉めて・・・終了.
ごくごく簡単です.

一応念のため・・・Memtest86 v4.20 でテスト!
使い方は・・・・・サボテンの種さん がわかりやすいかも・・
↓ ハイ ↓
16G-05.JPG


異常なし!
自分の場合は16GBのうち8GB程度をRAMDISKで運用しています.
まあ、TEMPファイルや高速作業用ドライブですね.
定番の IODATA RamPhantomEX で作っています.
フリーソフトでもあるんですが、そんなに高くないし(2,980円)
使いやすいです.
これで、EXCELで写真を10枚~貼りこんで、
・・・図形を貼りこみ・オートシェイプでかきかきしても
フリーズなし!!万全です.

★楽天最安★上海問屋!!

★楽天最安★ムラウチ!!



  

楽天市場 売れ線情報!

     
  

coneco 売れ線情報!

     
  

Google 注目情報!

     
   
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.13-ja
  

Counter