Mac Book Pro Retina Mid 2014 購入!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回、MacBookPro Retina Mid 2014を購入報告しました。
今回は、Windows環境を構築しておこうと思います。

調べたところによると、インストール方法は2通りほどありました。

1、BootCamp(Mac標準装備)で、SSDのパーティションを割り、インストール。
2、VMwareなどの仮想化ソフトでMacOS内にインストール。

自分の場合は、仕事ではWindowsしか使わないため、1を選択。
実際に業務で使用する専用ソフト(CAD・電子納品など)は全てWindowsのため、
MacなWindowsで使用上問題ないかも非常に気になります。

まず、Finder → ユーティリティ → BootCampアシスタント を起動。
ここで用意しておく必要のあるものは・・・
・USBメモリーディスク(FATでフォーマット済みのもの4GB程度?)
・外付けDVDドライブ(Apple標準のものでなくてよい)
・Windowsインストールディスク(DSP版)
この三つです。

注意しておく点は、USBメモリーはFATフォーマットして、
MacとWindowsの両方で見えれるようにしておくこと。
それと、Windowsインストールディスクは、Windows8の出始め頃の
激安アップデート版ではインストールできませんでした。
Windows機でなら、2回インストールするとか、
最初にWindowsフォルダを作っておくとかで、新規インストールできるらしいのですが、
BootCamp環境では、うまくできませんでしたので、素直にDSP版を買いました.

次のステップとして、アシスタントさんのチェックですが、
自分の場合は面倒なので、インストールディスクを作らず、DVDのまま・・・
サポートソフトウェアはMid2014でどのバージョンが必要か不明だったので、
Appleからダウンロードする。
Windows7以降をインストールするにチェックです。
続けるをえらんで・・・・

ここで、Appleからサポートソフトウェアのダウンロードですが・・・
他サイトではすぐ終わる的なことを書いてあったのですが・・・
うぉ!?って感じるくらい時間かかります。
素直に辛抱強く待ちましょう・・・・
(自分は失敗したのでは?と思い何回もやり直しましたが、放置しておいたら終わってました。)

・・・で、SSDの割付です。
自分の場合は、基本Windowsでお仕事の予定ですので
Windows180GB,Mac70GBで割付けました。
Macでのビデオ編集は昔やってたので・・・少しは残しておきました。
実質、180GBのSSDで作業していた事もあったので、無理ではないと考えました。
・・・でアシスタントさんに言われるままに、フォーマット・・・インストール・・・
と順調に進みます。

Macbookpro02.jpg

OSインストール直後にBootCampアシスタントを実行して、
Appleから提供された、MacBookProのドライバー兼
アシストソフトウェアをインストール!
これで、Mac な Windows8.1 マシンの完成です!

しかし、Retinaすごいですね~.
まるで携帯の画面を見てるみたいです.
インストール中の字が見えん・・・・

次回は、業務で必須となるソフトのインストール~無事に使用できるかを確認します.


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://masabuu.com/pc-joy/mt-tb.cgi/88

コメントする

  

楽天市場 売れ線情報!

     
  

coneco 売れ線情報!

     
  

Google 注目情報!

     
   
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.13-ja
  

Counter