仕事用 ノートPC改造!SSDの能力改善・・・デフラグします.

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回は 仕事用ノートPC・・・SSDのお話.

HDDをSSDに換装して2ヶ月程経ちました.

その間、ノートPCではExcel書類作成・CAD製図・写真整理・出来形管理などこなしています.

容量的には5GBも変わってはいませんが、SSDの経過観察の一環としてベンチマークを再度取ってみました.

まず、換装直後の "CrystalMark2004R3" の値です.

VAIO-SSDmini.jpg

そして、2ヶ月ほとんど毎日仕事で使った後の値はコチラ.

SSD2ヶ月使用後.jpg

誤差程度の能力低下です.

半年から一年程度使い込むと、もう少しわかりやすく数値に表れそうですが、

とりあえず、能力改善対策として、デフラグを行います.

ちまたで、評判の "Defraggler" というフリーソフトです.

このDefragglerの特徴として、空き領域のみを高速デフラグする機能が付いています.

今回は、このタイプのデフラグを行ってみます.

実行画面はこんな感じです.

デフラグ.jpg

正味・・・5分程度で完了です.

・・・それにしてもSSDのアクセスランプ点きっぱなしって、

見てるだけで"プチフリ"をイメージしてしまって、嫌なモンです.

そして、デフラグ後のCrystalMark2004R3、結果はコレ.

デフラグ後SSD.jpg

何ともいえない結果です.SSD換装直後のベンチ結果よりも良くなっています.

・・・という事は、HDDからSSDに換装したら、とりあえずDefragglerで空き領域デフラグして、使い始めると良いです

ね.

そして、月一くらいでデフラグすると、SSDの寿命を縮めずに快適アクセスを維持できそうです.

とりあえず、自分の場合は特に問題なくSSD搭載ノートPCで、順調に仕事こなしています.^^)v


楽天最安 モナリザ 64GB SSD 12,857円(上海問屋)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://masabuu.com/pc-joy/mt-tb.cgi/49

コメントする

  

楽天市場 売れ線情報!

     
  

coneco 売れ線情報!

     
  

Google 注目情報!

     
   
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.13-ja
  

Counter