仕事用 ノートPC 改造!64GB SSD 換装!

| コメント(0) | トラックバック(0)
またまた 仕事用 ノートPC のお話.

メモリを増設、Ramdiskを構築・・・とやってきましたが、ここで今はやりのSSDが気になりました.

SSD といえば ノンスピンドル(回転部品がない)記憶装置.

ノンスピンドルなので動作音が皆無、併せて省電力.

おまけにアクセス速度がHDDよりも速い!という素晴らしい次世代記憶装置です.

まあ、GB当たりの値段が高く、コストの面ではHDDに遠く及びませんが、それを補って余るほどの性能!というイメージがあります.

この VAIO typeBX も 仕事用という事で、大切なファイルは外部記憶装置にバックアップをとっておく必要があり、大容量HDDを搭載しておく必要はありません.

実際、初期状態で搭載しているHDDも容量は80GBと、今時のPCとしては非常に小容量です.

自分の思い描く仕事用PCとして必要不可欠のパーツではないでしょうか.

という事で SSD をいろいろと選んでいくと・・・

・SLC と MLC があるが・・・財布の事情的に 非常に安価な MLC.
・容量的にはいくら仕事用といっても・・30GBでは不安・・・という事で60GBクラスを選択.
・やはりアクセス速度はメーカー公称値であってもなるべく速いものを.
・その中でも一番安いやつを!

この条件で KEIAN K-SSD64S-VSM で決定!

年内に届くように・・・えらい探して・・netで注文!

そんで届いたのが・・・

VAIO 014.jpg

コイツです.

中身は・・・・

VAIO 015.jpg

こんな感じ.

やはりメモリなドライブだけあって・・・軽い!めっちゃ軽い!

これだけでも モバイル気にしてる人には魅力的でしょう.

換装手順は・・・VAIO リカバリディスク を作っておいて、HDDを取り出します.

もちろん ACアダプタとバッテリは外してね.

VAIO 016.jpg

ネジ2本緩めて、バコッと外すだけ.

ノートPCのHDD換装も簡単になりました.
昔 ibookG4のHDD換装したときは・・・地獄でした.思い出すだけでもツライ.

後はマウンターからHDDを外してSSDを搭載.
(マウンターにはネジをきつく締めて馬鹿にしないように注意して.意外とやった事無い人はきつく締めて馬鹿にしちゃいます.)

VAIO 017.jpg

最後に ノートPC本体に装着.

ここでも無理矢理突っ込まないで慎重に.

新品SSDは、何せおぼこなモンで・・・SATA端子を痛めないようにね.

実際自分も最初スムースに入らないので・・・5秒間考えちゃいました.いや SSD の話.

取り付け成功したら.リカバリディスクをDVDドライブに入れて、DVDドライブからブートしてください.

BIOSいじってない人は自然にブートしますが、いじっている人はBIOSからブート順位を確認してくださいね.

とりあえず BIOS では こんな感じで認識していました.

VAIO 020.jpg

ちなみに ここの Boot ていう項目から Boot順位(起動順位)を確認できます.

DVDドライブになっていない人は変更してください.

このVAIOの場合、リカバリは2段階で行われます.

まず OS を リカバリインストールしユーザー登録関係を済ませた後に、アプリケーションをリカバリします.

ディスクイメージを書き戻すリカバリではなく、フルクリーンインストールを行います.

素敵.

しかし ここで 問題発生です.

アプリケーションをリカバリする際になって、 SSD 特有の プチフリ が発生.

プチフリとはJMicron製コントローラーチップ「JMF602」を搭載した製品に多く発生するフリーズで、

読み込みと書き込みが大量に行われた際に起こるフリーズ・・・とのこと.

だいたい、SSDでギュイーンとインストールパーセンテージが進むはずが・・・・ピクリともしません.

そこで自分は諦めきれず・・・マイコンピュータを表示させたり消したり・・・

SSDのプロパティをみたり消したり・・・

コワッタ筋肉をほぐすかのように繰り返しました.

このマッサージSSDで・・・どうにか・・インストールが成功しました.

その後、仕事で使うアプリもインスコしたんですが・・正直しんどい時間でした.

無事にインストールが終わった後は・・・SSD のプチフリ対策として、

・Ramdiskを構築、OSやアプリのテンポラリーファイルをRamdiskにアクセスするように設定し、
  なるべくSSDにランダムアクセスしないように配慮した
・標準でインストールされているウイルスソフト Norton AntiVirus を消して、
  フリーソフトのAVAST HOME Edition へ変更.

この二つで、安定動作するようになりました.(その後追記)

追記:一度最新の状態へWindowsアップデートを済ませて、
    その後はセキュリティ・自動更新の項目で"自動更新をしない"にチェック.
    これで、勝手に更新をアクセスダウンロードしなくなります.
    後は暇なときに手動でアップデートしてください.

この三つで、安定動作するようになりました.

ここで ヤットコ ベンチマークです.

HDDvsRamDベンチ.jpg

この上部のベンチマークが標準搭載のHDDです.ちなみに下側のはRamdisk.

これに対して、

VAIO-SSD.jpg

ハイ出た!

ハイ来ました!コレ.

3.5インチの高速HDDにも負けないスピードが出ています.
(単純に"世界最高速をうたうSATA-HDD、VelociRaptor"にも負けない.)

メーカー公称値はあくまで最高速でという事なので、平均的にこんなモンでしょう.

それにしても 大満足!1万3,000円くらいの出費で、この効果!

癖はありますが、上手に使いこなせばスゴイパワーアップではないでしょうか.

実際体感速度は速いですよ.
OS起動もすこぶる速いです.

どうですか.この円高のチャンスに思い切ってみんなでSSD


噂の64GB SSD が 12,066円!

qrcodessd.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://masabuu.com/pc-joy/mt-tb.cgi/33

コメントする

  

楽天市場 売れ線情報!

     
  

coneco 売れ線情報!

     
  

Google 注目情報!

     
   
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.13-ja
  

Counter